熟酒(じゅくしゅ)熟成タイプ

熟酒(じゅくしゅ)とは?

黄金色や琥珀色の色調。

高額で希少価値が高い日本酒。

ドライフルーツやスパイスのような複雑かつ重厚な成熟香を持ち、粘性の高い飲み口、ボリューム感の高い味わいが特徴です。

主に古酒(秘蔵酒、長期熟成酒)が該当します。

つまり、低温または常温で長期の熟成期間を経たことにより、アミノ酸成分が非常に多くなり、濃醇な香味になったものなどを指します。

5年以上(10年程度)熟成させたものが典型的になります。

中には純米酒、本醸造酒規格もので、一部該当するものも見られます。